ロゴ

公認会計士の資格は通信講座を使ってマイペースに取得できる

>コンテンツ>通信講座で公認会計士の取得が可能!人気の資格

通信講座で公認会計士の取得が可能!人気の資格

女性

社会的評価も高く独立可能

公認会計士の国家資格を持っていると、監査法人や会計事務所などに就職しやすくなり、将来は独立開業をする道なども開けてくるでしょう。この公認会計士試験は、司法試験や不動産鑑定士試験などと同様にかなり取得難易度が高くなっており、資格を取得するまでにはかなりの勉強量が必要となります。試験で出題される科目は財務会計論や監査論など、実務で直接必要になるものが多いので、勉強をした内容を直接仕事に活かすことが出来るので、取得のために行った勉強を役立てることが出来るでしょう。特に論文試験では細かいポイントまでしっかりと整理しておくことが要求されることになり、合格レベルになればかなりの知識が身についています。試験に合格すれば、社会的な評価もかなり高くなり、企業内でも高い待遇を受けることができます。

電卓

自分のペースで効率的学習

公認会計士試験の合格を目指して学習を進める方法としては、参考書などを自分でそろえて独学で勉強をする方法と、資格学校などを利用して通信講座や通学講座を利用するという方法があります。この資格試験はかなり広い出題範囲の知識をしっかりと覚えなければ合格することが出来ないので、資格学校の通信講座や通学講座などを利用したほうが、要点を効率的に学習することが出来て、時間を有効に使うことが出来ます。通信講座の場合には、仕事が忙しくて決まった日に学校に通うことが出来ないという人でも、自宅にて自分でペース配分を考えて学習を進めていくことが出来るというメリットがあります。公認会計士合格に必要な知識を体系的に学ぶことが出来るテキストを使って、自分が苦手としている部分を自分のペースで学習することも可能です。